日のことば受けて

日の光が差し込めば

それはもう春でも夏でもなく

ただまどろむだけ

歪んだ体のままでもいい気がした

 

許されない魂が

この世界に幾つかあるとして

その中の1つに

たまたまあたっただけなのか

 

空はいつまでたっても遠い

理想に似て

優しい人の声を忘れるほどに

ぼやけてくる

 

日の光が差し込めば

それはもう秋でも冬でもなく

ただたゆたうだけ

捻た心のままでもいい気がした

 

物思わずにいられぬのは

病ではなく才だと言って

わずかな一生で

1人会えるかも知れぬ仲間を

 

求めずにはいられないように

苦しくても

恋しがるように授ける孤独

あぁ神はまだ

 

身捨てていない

日の光をもって教えるほか

術がないなら

なんて優しいことば

それはもう春でもなく