【GARNETのススメ】 32.永遠に葬れ

―永遠に葬れ

 

“とわにねむれ” と読みます。

 

インディーズアルバム(初めて世に出た作品です)にすでにこんな曲が入ってます。

さすが、お葬式バンドと言われるだけのことはありますね(しつこいけど褒め言葉!)

ガーネットの曲は、生きていても死と隣り合わせであるとか、

目の前にいる人がいつ消えてもおかしくない存在だとか、

いなくなってしまった人に思いを馳せたりとか、

そういった儚さを描くことがとても多いんですが

直接的に“死”を歌っているのは

この「永遠に葬れ」や「君を飾る花を咲かそう」だと思います。

 

君を飾る~が葬送曲だとしたら、

永遠に~はお葬式からしばらく後、1人で項垂れてポロっと口ずさむ系でしょうか。

 

♪何かまだ忘れてるみたい 部分の拍打ちや

ラスト煮詰まったところでの ♪もう二度と会えない君に の感じとか、

ギターソロ部分などなど、

どれも主張しすぎてないのに美しいとです。

 

初期段階からすでに、静かな曲で小技を効かせるガネさんでした!

 

first kaleidscope

first kaleidscope