恋唄拾い

置いてきた恋を海へ

海へ

連れ戻しにゆく旅は

 

自転車走らせたから

思ったより息も上がり

進められた歩幅

 

砂に照りつける日と

風も遮るものない町の

7月はもう灼熱

大丈夫

失ったわけじゃない

 

言い聞かせる恋を

そう思えばティーンエイジャーと何も変わらないのね

ちょっと恥ずかしいね

海の前だから許してね

 

日暮れまで待たなくても

どうせ泣いちゃうなら

早いほうがいい

今こそ思いに身を任すのよ

 

遠い街の人ね

もう会えないから

何を思っても自由なはず

 

不意に押し寄せる波と

予測つかない感情の先

7月の背中追った

大丈夫

忘れるはずもない

 

呼び覚ませる恋は

どう思ってもこれからを眩しくさせるわ

もっと感じたいね

海の前だからなおさらね