【GARNETのススメ】 26.Maizy

―あぁ 日毎 遠くなるよう 正直な気持ちからは

―あぁ あの日 無くそうとした今を未だ生きているね

 

1番と2番で過去と未来を対比で描くのが本当うまいですよね、七さんは。

(空に花火とかも。)

特にそれをBメロ、サビ前でやられるから毎度泣いちゃうじゃないですか。

そういう選手権(どういう)があったら間違いなく七さんが優勝されるはずです。

 

「Terminus」はオリジナル最後のアルバムなので全体的に物悲しく聴いてしまいます。

特にMaizyは、あぁこの切な苦しさがガネさんだな、と安心できる感じです。

 

いろんなことに思いを馳せてしまうけど、

―明日を憂うことも過去を悔やむことも

―意味のないことだとそっと笑ってみてね

そして、

―生きることの中で 哀しみは眩しい

という言葉。

七さんが描いてきたことの集大成のような気がしています(勝手に)。

 

Terminus

Terminus