うたにあらず

自意識と感受と

ありったけの衝動をブチ込んだ

それはもう

うたにあらず

ただ

爆発の時を待つだけ

 

荒い兵器のようだ

 

こんなはずじゃなかったと

呪文なら幾らでも出てくるのに

華やかな世界にも

身を切れずにいるのか

 

丸い地球のはずが

 

うってつけの社交場で

壁の花にもなれないことを

おそらくでも

ひとにあらず

うすうす

気づいているのでしょう

 

辛い夏味のような

 

どこで手を打ちましょう

誰かれ構わず抱きしめるわけには

 

うたにあらず

叫ぶ声の

ひとにあらず

吐く息の

 

荒い兵器のような

ただの塊ひとつ