町をあるく

船を降りたときからもう

町の風にあてられてたんでしょう

汽笛に送られるんじゃない

こちらが見送るのよ

 

この町に足を着けた

 

潮風に泣き

歩いてゆくの

遥か昔の遥か遠い国の

空気まで包む町よ

あなたを傷つけるはずがない

 

高台に上れば

夜景の綺麗な町よ

だけど慌てて行かなくてもいい

まずは、ゆっくりさるいてみて

 

この町を好きになるから

 

小さな橋を渡り

歩いてゆくの

悲しいこともわずか昔に

激しすぎるほど受けた町よ

あなたの祈りも、しかと

 

潮風に泣き

空は晴れるわ

遥か昔も今のあなたも

必ず生きる町よ

ここに足を着けたからには