かなでぐらし

貧乏な家の子のように

思い描く部屋を紙に書いていた

 

人よりとても狭くていいの

ため息と鼻歌が自由にできれば

 

きっと生きてゆけるから

なんて単純な細胞

だって たったそれだけのことが

すごくすごく難しいの

数十年で覚えたこと

 

ヒマワリとバラくらいしか知らないのに

花を一輪置く絵を描いてみた

 

自分が何に癒されるのか

知らないから世にすがる

 

ずっと生きてゆくのなら

綺麗事では済まない

だって たったそれだけのことで

毎瞬毎瞬 怯え倒して

数十年を重ねたもの

 

四畳ほどの部屋で

思う存分

歌声を上げて

 

そんなことを描きながら

また下らない日が暮れるだけ

まもなく夜も明けるだろう