いちにちを巡らせる

気がついたら夜

あのコが怯えてた夜

闇が襲う

声もなく

堕ちてゆく眠り

 

気がついたら朝

彼が怯えてた朝

光の眩しさに

逃げ場なく

照らされる己

 

気がついたら昼

あの人が怯えてた昼

忙しなく

動く街

こなしてゆかなければ

 

気がついたら夕べ

私が怯えてた夕べ

暮れてなずむ

その瞬間

引きずられてゆく

 

一日の何所をとっても

心休まることなく

誰かが嫌って怯えていなければならないの

 

夜にはあのコに寄り添って

朝には彼とともに光を浴び

昼にはあの人とともに走る

夕べは私の手をとって

 

何とか巡ってゆけたらいい