【GARNETのススメ】 4.Love is a Bird

―生命の危機はもうそこに 最初から共に

 

常々思っていることをここまで端的に言ってもらえると

生きててよかったとさえ思えます笑。

 

明るさの中に昏さがあって、その逆もまたあって、

というのがガネさんの魅力なのですが

両極を合わせ持った曲を作るのってすごく力がいることだし、

そもそもそんな感覚を持ちながらも何とかバランスを取って生きること自体、

至難の業だと思います。

そんな中で2番にさりげなく上記のような歌詞を入れてくる七さんの力って…。

 

カラオケに行くたび、アンケート用紙みたいなのに「Love is a Birdを入れてください」と書き続けたのがいい思い出です。

(今では無事、JOYSOUNDに入りました。DAMも至急入れてください笑。)

 

Locks

Locks