暮れの日

朝を迎えたのは

思い違いだったのか

誰にも話していないから

確かめようがないけど

 

明かりの灯らぬ部屋を

目で追い疲れてまた

ふらつく自転車で消えてゆくのだ

 

風邪ひいたみたいね

無理しなくていい

どうせ数十年

暇をつぶして楽しんでよ

 

なんて呑気なこと言うの

細かい作業で手一杯よ

この日常を

ある星での物語と捉えるには

文明が進みすぎた、かもね

 

あたたかいスープは

勘違いだったのか

1人で堪えていた涙

勝手に流したから

 

正常に閉まる窓と

変わらず閉じてゆく街

営みの中に溶け込めないのは

 

風邪がぶり返したね

無理しなくていい

あと数十年

暇をつぶして遣り過ごしてよ

 

なんて呑気なこと言うの

妬み嫉みも目一杯の

また日常を

ある星での物語と捉えるには

文明が進みすぎた、かもね

そうじゃないかも、しれないね