宇宙のはなし

心の中に宇宙が広がると言う

彼も歌っていた

どうしてそれが夢や希望の類だと

人の決める

 

酷な命を課したもの

神は見えぬところで

在るかどうかからの

 

星座をつないで

神話をつむいで

銀河をかける

なんて高尚な

なんてあたたかな

私には遠い‘宇宙’

 

だんだん嫌いになってくる

煮え湯では済まされない負荷

彼の歌っていた

喜びや楽しさなんて似非だったのか

 

酷な命に怯えるの

神は恨むほどに

近づいてくる気がするもの

 

星座をつないで

神話をつむいで

銀河をかける

なんて高尚な

なんてあたたかな

私には遠い‘宇宙’