汎詞

本当は望みがあったはずだ

物言わぬ塊となったのはいつ

 

駅から家までたかだか20分歩くのに

哲学を巡らせているような

ただダダをこねているような

 

夜に紛れさせて

つまらなくとも朝を迎えて

落ち着ける魂

かりそめの安心

 

理想とは違うものだ

言い聞かせ方がうまくなっただけ

 

髪を結い、ほどき

あとは生理現象と少しの物欲

90年、生きたような

今、産まれ堕ちたような

 

社会のせいにして

足早に通り過ぎる自分の影

嘆き散らかした分

抜け殻になる明日

 

夜に紛れさせて

つまらなくとも朝を迎えて

落ち着ける魂

かりそめの安心

続く予感