うたはじめ

生きているかも分からない時間を幾度重ねても

届かない確かな領域

 

虚しさや生きがいの話ではなくて

感覚がなくなってく

感覚が火を噴いて湧き出すことを

捉えきれずにいるんだ

 

助けてと

救ってと

声を上げることが

うたの始まりだったような

 

熱くなる星で

すぐ醒めてしまう夢を見る

繋ぎとめたくて

今すぐ断ち切りたくて

 

教えてと

守ってと

声を上げることが

うたの始まりだったような

 

終焉は知らずにくる

それほど恐ろしいことはないから

 

いつか行くから

手を取るからと

声を上げることが

うたの始まりだったような

 

助けてと

救ってと

声を上げることが

うたの始まりだったような