川と風の日

通りすがりの苦しさだった

やさしい陽を受けるとは

まさかこの背も思ってなかっただろう

 

川の流れ思い描いてた

歌に出てきた嵐山

やっと来られた

1人きりだけど

誰にも知られぬように

小さく口ずさもう

 

制服の彼ら彼女らには

分からないよなんて嘯いても

重荷抱えたふりをする

自分が可笑しくなるだけさ

 

通りすがりの苦しさだった

朝の風がゆくときは

少しこの背を伸ばしていたいような

 

異国の人と橋を渡る

なんとなくで安らぎを

分け合っているなんて

思いこんでみたり

 

せせらぎはいつまでも

続かないよなんて先走るクセ

ぼーっと眺めている分には

ひととき何も感じなくていいんじゃないかって

 

通りすがりの苦しさだった

優しい陽を受けるとは

まさかこの背も思ってなかっただろう

 

川を下る船を見ていた

歌に出てきたその景色だ

やっと来られた

1人きりでも

 

通りすがりの苦しさだった

思えただけでも

来てよかった