―hopeless

景色を見ないお前

この星はつまらないものだと嘆くお前

 

意地みたいになって

俯いてた隅っこの席

 

もうすぐ着く

疲れた人の群れ

ホームに飛び込む

帰りつく

別に安心もできない部屋

 

泣くな、泣くな、泣いたら負けの

戦いが今

誰も誰のことも気にしない都会で

始まって静かに終わる

 

どうせなら暮れてくれ

今日は少し早いから

夕餉のじんわりが

ささやかな懐古が

 

明日もゆく

朝から人の群れ

ギリギリ飛び乗る

行き着く

つまらないとすら吐かないままで

 

泣くな、泣くな、

泣いてもいいと歌う彼女は

素知らぬ顔で通り過ぎ

輝きの中に消えるのだから

 

泣くな、泣くな、泣いたら負けと

言い聞かすほか

誰も誰のことも気にしない都会で

息は続かない