閑話

電車には何とか間に合いたいけど

僕が乗った瞬間発車してほしい

 

綺麗事の歌は1ミリも入ってこない

 

いじめられるだけならまだしも

それをあの人に知られたくない

 

1人がかっこいいって唱えるのもめんどくさい

 

いつになっても訪れない

幸せなんて代物を

待つ気もなければ

存在から信じないのが賢明でしょう

 

虚しい人生だと揶揄されたくない

感度低い人は黙っててほしい

 

年々増す潔癖が止まらない

 

何歳になっても夜中に痛いポエムを書いていたい

願望があるとするならそれだけで

 

自分の本性に呆れながら浸る日もあり

 

いつか聞いた話

幸せだって思い自体

感じる細胞やら物質やらが無い人もいるんだってさ

 

あとから考えたら恥ずかしくなるようなことばかり

認めていたいとどこかで思っていて

だからこんな愚行を続けるのだけど

だって綺麗にストンと履歴書に収まるような

感情感覚じゃなかったでしょう

だからこれでいいのだ!