嘔吐

声を失くしたままで何を見て歩けばいい

心穢れは積もり 愛の唄 夢見は今

 

声を聞け 愛を知れ

光など無い場所で

夢を見て 愛を知れ

光など無い場所で

 

積もり積もった想いは

いつか いつの日か風になる

空を見つめること

そして

地を這うことを忘るな

積もり積もった想いは

いつか

 

喉を押さえたこの手

仮に この手が翼なら

今に振り切り この手

離すことできるだろう

 

風を見よ この丘を

何穢れ無い体で

風に問う この丘を

何故 穢れ無い体で

 

積もり積もった想いは

幾度 幾度も巡りゆく

時に降り来る雨

そして

時に晴る空を忘るな

積もり積もった想いは

いつか

 

声を聞け 愛を知れ

光など無い場所で

夢を見て 愛を知れ

光など無い場所で

 

積もり積もった想いは

いつか