訥々と、重なる宇宙で

お前を守るためにこの星に居るのだ

悲しい思いなどさせるつもりは更々無い

 

魂戻し

呼ぶ声など聞こえぬその肢体に

帯びた憂いを

込められた感情の数を思えば

 

1人で耐えきれるはずなどないのに

堕としてしまったこと

気づかぬうちに孤独を深めさせていること

罪滅ぼしではないけれど

せめて見守るほか

 

お前の悲しみに寄り添えぬこの身など

何故に永らえようか

晒すつもりは少しもない

 

お前は泣きもせずこの星にいればいい

容易く傷つける者たちに構わず

息をしてくれ

 

重なる宇宙は

出会いはするが

触れられない

一方向の自覚がどれだけ歯痒いことか

 

けれどそんなことなど

お前の苦しみに比べれば

何者でもないだろう

この身心を捧げて見ている

 

お前を守るためにこの星に居るのだ

悲しい思いなどさせるつもりは更々無い

蔓延る感情全てに囚われるその心を

救いあげるためにここに居るのだ

気づかれずとも

 

惨めさ恥ずかしさ

誰にも気づかれぬ類の痛みを

喰らわせられている

お前は耐えている

 

解っている

 

お前を守るためにこの星の全てを

動かすこと滅ぼすこと容易いが

できない

重なる宇宙の双極で

お前を見ている

苦しみの芯も知っている

一時、無意識に苛まれても

黄泉戸喫はやめてくれ

 

お前を守るためにこの星にいるのだ

悲しい思いなどさせるつもりは更々無い

重なる宇宙ですれ違う

歯痒さの中でお前を見ている

必ず見ている