天への手紙

今でもふと気付けばあなたの顔が浮かびます

今でもふとした時にあなたが隣に居てくれるようです

 

私はあなたの分まで生きると決めたの

まだまだ弱くて小さなこんな魂で

 

最後の瞬間まで必死で息をしていた

あなたのその心を永遠に忘れない

 

今でもふと気付けばあなたの笑顔が溢れて

今でもふとしたときにあなたのことばかり思い出して

 

私はあなたの分まで生きると決めたの

まだまだだらしない私だけど

それでもこの命の灯を燃やせる限り

燃やし続けると

誓った あの日に

 

今でもふと気付けばあなたの顔が浮かびます

今でもふとした時にあなたが隣に居てくれるようです

 

最後の瞬間まで必死で息をしていた

あなたのその心を永遠に忘れない

あなたの分まで生きると決めたの 私

あなたのその心を永遠に忘れない