読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三つ葉のクローバー

子どもみたいに必死になって君が探す

四つ葉のクローバーはそんなに偉いの?

 

それこそ子どもみたいなかわいい嫉妬から始まったんだけど

三つ葉のクローバーじゃどうしていけないの?

 

「なかなか見つからない」

残念そうに君はうつむく

「そうだね」って言いながら

内心僕はホッとしてる

だって僕以上に君のことを幸せにできる

四つ葉のクローバーには

やっぱり妬けるからさ

 

泥で汚れたスカートの裾

君の笑顔

草むらに寝転んだ

午後の景色

全部いとしい

 

僕は三つ葉のクローバー

何の魔法も持たない

ただ

君を想い

誰よりも

「君を幸せにしたい」

心から思ってる

 

踏みつけられる三つ葉と

探し求められる四つ葉

その差たった一枚に

込められたものは何だろう

 

相変わらず必死になって君は探す

無邪気な横顔を見てると少し分かった

 

涼しい風も吹いて夕暮れ近い草むらに2人

ガッカリしてる君に言いたいことがあるんだ

 

今ここにある時間や

これからある時間全部

大切にしたいね

君と2人生きていきたいね

 

不意に抱きしめた

空に

君の涙

明日きっと晴れたら

2人並んで歩こう

 

僕は三つ葉のクローバー

何の魔法も持たない

ただ

君を想い

誰よりも

「君を幸せにしたい」

心から思ってる

 

幸せってものが何なのかも分からないけど

三つ葉のクローバーに

一枚分

めいっぱいの愛をそえて

君に贈りたいと思う