さくら通り

中野通りの桜を見に来てね

泣いちゃうかもしれないよ

 

季節なんてもう何だっていいと嘯いてた君だけど

この風ひとひら感じれば思い変わるかもしれないよ

 

ねぇ まだ胸には重い誓い

ほら 溶かしてよ 少しずつでもいい

隙間から日の光も差すでしょ

 

中野通りの桜を見に来てね

笑えるかもしれないよ

こんなにあたたかい風吹く季節

今しかない浮世の魔法

 

景色なんてもう何だっていいと うつ伏せてた君だけど

この桜色つづく道 歩いてきてほしいよ

 

ねぇ 僕ら時には思い違い

もし約束通り会えなくてもいい

君がこの春色の中にいてくれれば

 

中野通りの桜を見に来てね

泣いちゃうかもしれないよ

 

風にひとひら舞うのも

懐かしい思いさえ揺り起こすから

 

中野通りの桜が降るとき

笑えるかもしれないよ

泣いちゃうかもしれないよ?