読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋が遠ざかる

いつまで似た影に惑わされるの

街を歩くの 避けて通れない毎日の使命で

 

昔の記憶だけで分かるはずないよ

短い髪もまっすぐな瞳も変わってるかもしれないのに

 

まぶたの裏に焼きつくとはこのことか

まぶたの裏に焼きついて離れぬのだ

 

なんでどうして

制服の日を引きずるように過ごす時

いつしかこの世の全てとさえ思えた恋が遠ざかる

 

幼い笑顔ならまだ少し作れるよ

染みついてるの 仮面のように気持ち隠すこと

 

それでも君の前 嘘みたいに僕は

素直でいられた 泣いたりもして

変わってくこと知らずに

 

手を繋いでた坂道覚えてるよ

手を繋いでも不安だった気持ちも

 

駆けめぐる時

制服の裾 砂にまみれたあの海も

いつしか空も赤く染まっていた

恋が懐かしい

 

まぶたの裏に焼きつくとはこのことか

まぶたの裏に焼きついて離れぬのだ

 

なんでどうして

制服の日を引きずるように過ごす時

いつしかこの世の全てとさえ思えた恋が遠ざかる