運命の上に立つ


運命の上に立つ

冷たい雪に染められた砂の上立つ朝は

未来でも懐かしさでもないものがよぎる

 

運命は決まっているのだろう

それをなぞっているのだろう

どこからか降ってわいたような声が

だけどまだ抗う心が もう全て諦める心が そう 

海風に吹かれて迷える

 

指先まで震えてるこんな弱い身体で

まだ見えぬ向こう岸へ心進めるため

 

運命は決まっているのだろう

ひとり辿ってゆくのだろう

そう思えば安らかでいられるよ

だけどまだ迷える心がもう 全て自分で決めるんだと 足掻くから 

どんなに怖くても

 

幼き日の僕と 冬空に誓う

 

運命は決まっているのだろう

それを振り払い歩き出そう

ふるさとはそのためにあるのだろう

今ならそう自分で言えるだろう

気高き精神(こころ)がもうずっと待ちわびる

運命(さだめ)の上に立ち

 

運命を振り払い歩き出そう

強く望んだ僕の道を