先生

先生、私のこと嫌いですか

早く大人になりすぎた この虚しさをどうしたらいいのですか

 

先生、季節の風 青春の校舎は私にとって違和感の街

生きる意味の前に 生きてるかも分からないの

 

とりあえず明るく振る舞えるけど

 

縋りつきたい その腕に

優しく笑う瞳の奥で

あなたは深く苦しみを知って 受け入れてくれると感じてるから

 

先生、机に伏せたあのコのこと いつも気にかけて構っている

それを横目に私 子どもじみた感情で

 

先生、私だって息のできない暗闇から這い出てきたの

怯えは消えない

分かってほしいのに

 

決して口には出さないけど

 

理解者が今 ただ1人いれば違ってくるはず この世界

憧れも飛び越えて 恋だと取り違えるほどに

 

先生、あなたのこと この胸にある

 

先生、そう決めれば いくらでも汚くなれるこの世界で

私を留めたもの

あなたに嫌われたくなかったから

 

先生、その深い目がとても怖くて

全て見透かされるようで

だけど 全て受け入れてくれる期待もあるから

 

私、ちゃんと愛される子ですか?

 

脆くて激しい感情が 15の小さな胸にうずまいて

今 あなたに縋る

それだけが救いなの

分かってほしい

 

先生…