よろこびの夜


よろこびの夜

ジングルベルのない道も 12月には変わりなくて

やたら輝く街を出てここまで来たの

 

降り来る雪を払う

 

遠くて泣きたくなるよ

悲しみも どうせなら近くにいてくれればよかったのに

 

懐かしむ人も無いから 淡々と歩を進め

1000年前の息吹とは話すことできるの

 

あぁ僕はひとりで

 

遠くて泣きたくなるよ

誰かには伝わる 近づける気がする

希望的観測(ねがう)夜

 

どうして泣きたくなるの

魂よ

時はそう 思うより早く過ぎてゆく

 

降り来る雪は積もり

あぁ僕はひとりで

 

遠くて泣きたくなるよ

悲しみも どうせなら近くにいてくれればよかったのに

 

どうして泣きたくなるの

ラララ

メロディーに呼ばれた よろこびの夜ね

あぁ ひとりの道