夏、Nagasaki


夏、Nagasaki

宝のような時は過ぎ
誰にも云えぬかなしみが
真夏の空へ向かうから
心まで焼けてしまいそう

 

斑模様の木々の影

揺れて何を問う

あの日突然街は終り

途絶えた息のつづきを
生きるのか

 

太陽に恨みなど

人の罪に終焉など

私は今ここに立ち
知らない、焼けた空を思い出す

数十年の時を過ぎ

どうしても癒えぬかなしみが

埋まる地の上にただ
十字が在るだけでは
思いを馳せなければ・・・

 

宝のような時は過ぎ

残虐を、身を以って、知らぬ私が

 

何故に咽ぶか夏空よ

揺れる木々、この地の上

十字がただそこに在るだけでは
思いを馳せなければ・・・

 

宝のような時は過ぎ

真夏の空へ向かうから