読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

産声を上げた時の記憶が無いのは

歌詞

産声を上げた時の記憶が無いのは
何もかも分かったつもりにならないためだ

人いきれ 街の音に
お前を刻む
ともすれば驕る身に
卑しく脆き身に

己が正しいのだと 全ては浸れぬ分
間違っているのだと 全ては責めぬよう

産声を上げた時の記憶は無いのだ

目を閉じ浮かぶ人もないのに
ただ 夢見の悪い朝を迎えるだけの君が

愛されていたという保証もないかわりに
愛されていなかったという確証も持てぬよう

産声を上げた時の記憶は無いのだ

産声を上げた時の記憶が無いのは
何もかも分かったつもりにならないためだ