【GARNETのススメ】 32.永遠に葬れ

―永遠に葬れ “とわにねむれ” と読みます。 インディーズアルバム(初めて世に出た作品です)にすでにこんな曲が入ってます。 さすが、お葬式バンドと言われるだけのことはありますね(しつこいけど褒め言葉!) ガーネットの曲は、生きていても死と隣り合わ…

おのがこころ

大切な人が誰なのか もうずっと前にわかっていた なんだかんだと病名をつける そんなことしなくてもわかっていた どうせ愛せないよ誰も すこぶる順調 毎日は 衣食住整えばいいならとっくに 夜9時を過ぎたらもう 閉じよう 詫びよう 見えない敵 帰途も明日も…

【GARNETのススメ】 31.今宵エデンの片隅で

―今宵エデンの片隅で 僕にも愛を下さいと 打ち明けるよ 今がチャンス 付け入る隙を逃さない ライブの最後にもよく歌われた(珍しく)ノリノリの曲です。 「メルヘブン」のエンディングでもおなじみ。 PVの“今がチャンス”のところのゆりっぺ、どんだけ可愛…

嗄れた声の話

ずっと声は嗄れていた 幼いころはたぶん違うけど 気がついてからはずっとだ 喉の奥にも何か詰まったような それが感情か身体かは 今からは探れない ひところ何も話さなくなった わざとわざわざ声を晒したくはない 恥じらう心も年頃だったろう 閉じてゆく思い…

【GARNETのススメ】 30.夕月夜

―遠くから呼ばれる声がする 気のせいだと抱き寄せる人はいない 七さんに一言一句違わず同意するシリーズ(だからどんなよ)の1つです。 古語遣いや淡い情景も堪らんですね。「巡り来る春に」然り。 私が1番好きなアルバム『I'm waiting 4 you』の1曲目で…

空を呼ぶにはまだ

記憶擦り合わせ どうしても戻れぬことを悟る いつ何時かと あの人の表情も 場の雰囲気も 私の感情も 全て覚えていることが ここまで苦しいのなら 無になりたいと 星に願うか 神を呼ぶか どれも叶わないのに 空などに縋るものか 私はまだ地に生きるのだから …

【GARNETのススメ】 29.trade

―いつの世も哀しみは消えずにあるのなら 私が引き受けましょう ―いつの世も寂しさが消えずにあるのなら 私が引き受けましょう オリジナルでは最後のアルバム『Terminus』に収録されています。 この曲を聞いた時に、あぁガネさんは最後までガネさんでいてくれ…

問い降る夜

遠い遠い町からあなたは来ました それはそれは遠くて悲しくもなる What 's the world? Who's me? 遥か遥か彼方へ呼ばれる日も来るやも けれどけれど遠くて泣きたくもなる What 's the world? Who's me? What 's the world? Who's me?

【GARNETのススメ】 28.Tell Me Something

―笑えるのも哀しむのも 人が人であるから ―寂しがりも分かり合うも 人が人であるから わりかし爽やかな曲の多いパラユニの中でも特に明るくなれる曲です。 ほかの曲でどこまでも沈みこんだかと思うと、今度は上空を舞う。 その振り幅が、ほかのアーティスト…

恋唄拾い

置いてきた恋を海へ 海へ 連れ戻しにゆく旅は 自転車走らせたから 思ったより息も上がり 進められた歩幅 砂に照りつける日と 風も遮るものない町の 7月はもう灼熱 大丈夫 失ったわけじゃない 言い聞かせる恋を そう思えばティーンエイジャーと何も変わらな…

【GARNETのススメ】 27.Float World

―衝動に任して全部終わりにしたくなる時ない? 思わず「あります!」と答えちゃいそうなこの文が曲始まりです。 ―さまよい違う場所に何かあると期待してるんじゃないの? ココでいいじゃない めぐり来る明日を迎え撃てば そして、おそらくこれが暫定的な答え…

時空守

ほらまた、人影が見えた 思っていたよりも騒がしい街だな あぁ、果たして街と呼んでいいのかなど 屁理屈はさて置き ひとまずベンチに座ろうぞ 見た目、古めかしいが 存外しっかりしている このまま3年と言わず30年300年居続けて ただ眺めるだけとは、…

【GARNETのススメ】 26.Maizy

―あぁ 日毎 遠くなるよう 正直な気持ちからは ―あぁ あの日 無くそうとした今を未だ生きているね 1番と2番で過去と未来を対比で描くのが本当うまいですよね、七さんは。 (空に花火とかも。) 特にそれをBメロ、サビ前でやられるから毎度泣いちゃうじゃな…

うたにあらず

自意識と感受と ありったけの衝動をブチ込んだ それはもう うたにあらず ただ 爆発の時を待つだけ 荒い兵器のようだ こんなはずじゃなかったと 呪文なら幾らでも出てくるのに 華やかな世界にも 身を切れずにいるのか 丸い地球のはずが うってつけの社交場で …

【GARNETのススメ】 25.もうちょっとサガシテみましょう

―ヒュールル風吹いて 私は消えそう 吹けば飛ぶこの身です 今もなおしがみ付く この世は輝いてます 私はいつも、聞いた瞬間「いい曲だ!」と反応する能力がないので、 気づくのが遅すぎて後悔することがよくあります。 失礼ながらこの曲も最初はそこまで気に…

love song

今までどこにいたの 1人で泣いていたの これからでも そこへ行って 抱きしめてあげたい love song… love song… 私のこと気にしなくていいよって突き放すけど この世で1番気になることだ 考えずにはいられない love song… love song… 安っぽい愛してるや わ…

【GARNETのススメ】 24.君を飾る花を咲かそう

― 一夜一夜 別れの日は近づいてくる 望まなくとも ガネさんがお葬式バンド(褒め言葉!)と呼ばれる由縁はこのあたりだと思います。 サビはじめから、気取った装飾なく静かに曲が進んでいくのですが、どうしても上記の ♪一夜一夜~のところで泣いてしまいま…

流れる時に身を任すまい

のまれてゆく夕べを恨むな 朝を迎えるための儀式だ 一日が巡る なにげない尊さ この葉散る秋にこころ乱れても 雪に埋もれ黙りこんでも 春を迎えること 季節は巡る 日がな一日、 年がら年中、 泣き暮らしても 敗れ去っても 巡ることこそが必要十分の 救い、な…

【GARNETのススメ】 23.日々のほとり

―うつろうものばかりならば この心ぽとり落としたいのに メロディーも詞も、うっすら聞こえる波の音も どこまでも優しい曲です。 日々の何気ないこととか、幼いころのあたたかい思い出とか、無常までも 七さん×ゆりっぺで描くと、ほかの曲にはない切なさあた…

町をあるく

船を降りたときからもう 町の風にあてられてたんでしょう 汽笛に送られるんじゃない こちらが見送るのよ この町に足を着けた 潮風に泣き 歩いてゆくの 遥か昔の遥か遠い国の 空気まで包む町よ あなたを傷つけるはずがない 高台に上れば 夜景の綺麗な町よ だ…

【GARNETのススメ】 22.pray

―夏祭りの音 蝉の叫び声 一降りの雨 「Marionette Fantasia」が洋だとしたら、こちらは和へいざなう曲かと。 ゆったり3拍子で、どこかへ連れていかれそうですね(すごく褒め言葉です)。 ―迎え火を辿る とか、夏の描き方がとても好きです。 爽やかな夏では…

ロングダンス

長い長い道を走り続けたら きっと何か得られるだろう 人は一生を道に例え 歩いたり走ったり 時に立ち止まるのもいいさと 心慰める いつかは辿り着く もしも道に迷っても 誰かに会える 何か分かる そんな期待で進むのだろう ―それなら、 ひとり、ここで踊って…

【GARNETのススメ】 21.Marionette Fantasia

―僕らの世界 夢うつろなユートピア これは本当にJポップか、と言いたくなるほどの もはや芸術作品です。 幻想的で、おとぎ話や絵画をそのまま楽曲にしたような。 「pray」もそうですが、ユラユラ3拍子で虚ろや憂いを描かせたら ガネさん無双ですよ、もう。…

ひとり

愛されぬまま朽ちてゆく身が 惨めでならないのです それを言葉にすればなお 痛々しく映るから 黙っている そうやって口を閉ざせば いっそう気味の悪い存在となり 輝く人の影にすらならないように 街から消える いつ、どこで、どう間違ったのか 誰も教えてく…

【GARNETのススメ】 20.A crown

―何か起こりそうな気がした ―何も起こらない気もした 記念すべき最初のアルバム(インディーズ)の終曲です。 なんて!なんて爽やかなんでしょう!!笑 「永遠に葬れ」などの昏さを追い払う、というより それすら包みこんで外に、明るい方向に導いてくれます…

街の行軍

まだ震えているのか 何度言ったらわかる 大丈夫だと 堪えたところで伝わるはずのない お前の持つ感覚も声も 飛び立つように 綺麗なものを 好む浮世で ひたすら地を這う 惨め憐れと 人の言うのは 容易いことよ 斯くと生きればいい まだ泣いているのか 弱くと…

【GARNETのススメ】 19.Rusty Rail

―今はもうレールだけの この線をずっと辿りゆけば あなたの住む きらびやかな街角へと着くのでしょうか 来ました大好物のサビ潜り旋律≧≦♪ Bメロで上がりきってからの急に引き戻すような低音がたまりません! 錆びたレールを眺めて、その先に行った(戻った)…

能力者

同じ地平には生きていないの 誰も気づかぬことだから ぐっと堪えて いつかを信じた 裏切られて 悟ってしまった 間違いであり、時には病であり それがどうした 痛み苦しみの捉え方ほど自由なものは無いわ あなたが1番楽な方法でいい だって喜びならまだしも …

【GARNETのススメ】 18.今日の君と明日を待つ

―いつか散りゆく旅の途中 ゴッドハンド古井氏はイントロから我々を悶え死にさせようとしてるんだと思います。 殺人罪ですよ!!(すごく褒め言葉です) 3rdアルバム「Crystallize~君という光~」の1曲目。 歌詞始まった頃にはすでに呼吸できなくなってるの…

かなでぐらし

貧乏な家の子のように 思い描く部屋を紙に書いていた 人よりとても狭くていいの ため息と鼻歌が自由にできれば きっと生きてゆけるから なんて単純な細胞 だって たったそれだけのことが すごくすごく難しいの 数十年で覚えたこと ヒマワリとバラくらいしか…

【GARNETのススメ】 17.Smiley Nation

―果てぬ希望には 生きてゆける力 Smiley Nation 珍しく(失礼!)どこまでも明るい曲。 ♪海へ着けば のところの潜り旋律、大好物です。 メンバー全員(+いろんな人)がかわるがわる歌っているPVも楽しいですよ~。 ―無傷では辿り着けない場所 感じられた日 七…

呼び水ふわり

水は人を呼ぶのだから 海を前にして怯えるあなたは正しい 砂浜で確かに持っていた意識を 飛ばすの 陽射しの 眩むか 目覚めるが先か だめよ だめよ 抗うほど 引き込まれてゆくのだから リズムつけて呼んでるのよ 気づいた時には もう海の底 水は声を出すのだ…

【GARNETのススメ】 16.Go For It

―敵は我が身の内 気づいているでしょう 孤独な戦いをしてきた人 夢みたあとでや君という光に代表されるような儚げサウンドだけがガーネットだと 思ったら大間違いですよ!(誰もそんなこと思ってない) ゆりっぺの力強い低音が遺憾無く発揮された曲。 個人的…

ゆく夏の中

悲しみになぜか 触れた時なぜか 愛おしさや狂おしさが この頬を染めた 夏の終わりにいて いつも2人でいて あたたかさや愛おしさは いつの世に消える どうか2人でいて いつも変わらないで なんて願い 抱いてる間に 季節はスッとゆくの 咲いた花がいつか 君…

【GARNETのススメ】 15.空色の猫

―少しだけ無理をして誰かに合わせてみたけど それ程にね この世界は狭くもない筈でしょう 岩田さゆりさんへの提供曲です。 マージナルマンにしてもNoraにしてもstrangersにしても、 この世界に完全体としては溶け込めない心情の描き方が七さんいつも素敵です…

呼びかける 青い季節

かなしみなど越えてゆけるから 1人で生きてゆけるから 呪文を唱えれば救われる? 青い季節(とき) ひとつ息をすれば 崩れ落ちそう 狭い校舎に閉じ込められたみたい あのセーラー服の私 どんなに遠くても どんなに遠くても そこに存在して(いて)くれるなら 迎…

【GARNETのススメ】 14.Holy ground

―深い傷よりもいつの日にか愛しい気持ちが残るように 明日がくればまた明日へ優しい方へ倒れ込んでゆけるように 現代のJポップ界において、タイトルが聖地ですよ聖地! ガネさんにしか作り出せない、 余計なものをそぎ落とした高尚な世界観という感じがしま…

桜風

いつかの花びらを覚えているかな 風が吹いたら また会おう 桜色の空 見上げた僕らは 何も誓うことなかったれど 季節めぐるたび いつかの眼差しを覚えているかな 風が吹いたら また会おう 春風が吹いたら また会おう この風が吹いたら 桜の色に染まる なつか…

【GARNETのススメ】 13.マージナルマン

―いつもちょっと浮かれた気分 流れに乗るのが苦手 境界人・周辺人のことを、こんな明るいノリで歌いあげてくれちゃってます。 決してその集団に完全に属することはできないのだけど、果たしてそれは不幸なのか。 現代ではない西洋の町を想像しながらこの曲や…

ロングスリーパー

世の中は眠りと覚醒でできている ロングスリーパー 何とか渡れ まだ明けぬ空に願いそっと懸けてみたり 白昼夢 寝覚め虚ろ 平等に与えられた24時間の中で ロングスリーパー 景色まだ 覚めやらぬ ロングスリーパー 人生損してるなんて 上っ面だけで言わない…

【GARNETのススメ】 12.Love Lone Star

―何かを無性に汚したい そんな気持ち吹き飛ばすように探した 穏やかな懐メロのような曲調の中で、儚い星や花火を歌わせたらガネさんの右に出る人はいません(と思います)。情景描写があたたかくて好きです。 地球の隅っこで、汚い感情を持ちながらも Love L…

タマシイノウタ

悲しいなら悲しいまま歩いてゆくことも 正しさはまだ何処にも見えず 夕暮れの鐘の音ひびく 何も成せぬまま巡る月日は いつか私を傷つけた人のせいにして この手をのばすよ この耳すますよ 魂のうた 忘れるな 歩いてゆくことは 課せられた ただ1つの生きゆく…

【GARNETのススメ】 11.冷たい影

―どんな幸福にも哀しみが混ざる そんな風にしか未来を生きられぬ気がします 七さん、一言一句違わず同意致します! 数あるガーネット名言の中でもかなり好きな一文です。 「巡り来る春に」「夕月夜」などでも見られる古風な雰囲気全開の曲。 昔の西洋や平安…

息吹の中

春風に立ち 空を見る どれだけの涙が流れたか 人々にとり 僕は何 問いかけるほど分からなくなる ただ1人立つ丘は 神も見えぬ どこからか鐘の音が きっと幻 何十年の生命を託され励むのに 一瞬毎の色を成す 胸に住まう息吹 この人ひとり在るために どれだけ…

【GARNETのススメ】 10.泣けない夜も泣かない朝も

―また墜ちてゆく眠りの中でなんとなく生きれるって気にさせる この感覚に辿り着くまでに何回、というかずっと引っ切り無しに? “とてもじゃないけど生きていけない”があってから、だと思ってます。 この、ライフがほぼゼロどころかマイナスの状態で 何とか繋…

ナツコイ。

静かに恋をしていた夏 風吹くだけで戸惑ったこと 走り続けて 目の前も眩む中で 君を追っていた ずっと向こうで 笑っているの 誰を見てるの 私のこと覚えてるかな ただね 懐かしくて 少し思い出してみただけ 気にしないでね ほんの今だけ 独り言だからね バス…

【GARNETのススメ】 9.廻り道

―さぁ舞いあがれ 喜びに似た時に騙され続けてもいい 「GOODBYE LONELY」のカップリング投票で、 あのNoraが2位だなんて信じられなかったのですが(←Noraが好きすぎる) 1位を見てみると納得のこの曲でした。 生きていること自体がもう、 喜びに“似た”時に…

Paradise underground

地下に降りてゆくのに そこには楽園が待っている 狭いハコから漏れ来る音たち ドアを開ける 掻き鳴らせ さぁ歌え 聞くも踊るも好きに 泣いたっていいさ ただ見るだけの阿呆は1人もいない 熱が充満する ラララ ラララ 機嫌良く ルララ ルララ 嘆いてみたり …

【GARNETのススメ】 8.もう一度 笑って

―明日また会うかのようにサヨナラ言えたなら 私を誇らしく思ってくれますか 最後に 初めて携帯を持った時の着うたをこの曲にしてたのだけど、 ガネさんばかり聞いてたから生活に溶け込みすぎて 電話鳴ったのにいつも気づかなかったのはいい思い出。 てな話は…

Rロード

すぐに泣いちゃったあのコを笑うけど 明日どころか今日は我が身よ 環七ぶっ飛ばしたけど 晴れる気も晴れない だって 安定も尊敬も矜持も罪も ごった煮にしてるみたい どうせ 傲慢も友情も卑屈も嘘も バレないし とっくにバレてる いったん帰って落ち着かせよ…